映画オタクの映画愛:クエンティン・タランティーノ【監督別おすすめ映画】

レザボア・ドッグス」はタランティーノのデビュー作。強盗のために集められた登場人物たちが各自をコードネームの色で呼び合いながら無駄話を延々とするオープニングに、タランティーノらしさが既に表れている。その後はほとんど倉庫でのワンシチュエーションながら巧みな脚本が楽しめる。

パルプ・フィクション」は3つの物語をバラバラに展開させながら、ポップな演出、バイオレンス、無駄話、神の存在など様々な要素がつめ込まれたタランティーノらしい作品。この第1作、第2作でタランティーノは全世界的な評価を確立した。

少し趣向を変えて、「フロム・ダスク・ティル・ドーン」はタランティーノ脚本出演であり、盟友のロバート・ロドリゲス監督の作品。ジョージ・クルーニーとタランティーノが強盗犯の兄弟を演じている。途中からB級感満載の映画に切り替わるところが堪らない。

*「パルプ・フィクション」はHulu無料トライアルでも視聴できます。(執筆時点)