ヤクザ映画の金字塔:「仁義なき戦い」が好きなら → 「県警対組織暴力」もオススメ!

1973年公開の「仁義なき戦い」を皮切りに実録路線のヤクザ映画が量産され、深作欣二監督、笠原和夫脚本、菅原文太主演による名作が数多く生まれた。その中でも「県警対組織暴力」は警察側の視点を取り入れたという点で新しい。警官役の菅原文太とヤクザ役の松方弘樹における立場の異なる間柄での友情と破滅、それら末端を飲み込む巨悪の存在が物語を立体的にする。
また、広島弁が華を添える数々の名シーンも見所である。ヤクザより恐ろしい警官であることが分かる菅原文太のオープニング、取調室でボコボコにされる川谷拓三の情けなさ、松方弘樹が警官に囲まれながら叫ぶクライマックス、エピローグでの梅宮辰夫と菅原文太の対比、等々。
「仁義なき戦い」がヤクザ映画の金字塔であることは間違いないが、「県警対組織暴力」もお楽しみ頂きたい。

スポンサーリンク